函館 湯の川温泉 花びしホテル 
函館観光のご案内

函館観光Sightseeing

函館観光

函館観光の拠点として

函館および近郊の見どころスポットを地域別にご案内します

花びしホテルから各観光エリアへの乗り物別所要アクセス時間のご案内

横にスクロールして下さい

函館空港 函館駅 新函館北斗駅 五稜郭公園 函館山ロープウェイ乗り場
約10分 約15分 約45分 約16分 約16分
バス 約10分 約18分※1 約43分 約16分※2 ※3
市電 約32分+徒歩2分 約8分+徒歩15分 約35分+徒歩10分

※1 湯の川温泉ライナー(土日祝のみ運行)
※2 五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバス
※3 北斗交通Mt.函館夜景ロマンコース

湯の川エリア

HAKODATE

函館空港から車で5分。花びしホテルのある湯の川温泉エリアは、日本一空港に近い温泉街として有名です。路面電車や路線バス・シャトルバスが運行しており、アクセスが非常に便利です。西洋文化を感じる函館元町エリアとは違った趣があり、湯倉神社を中心に発展してきた風情が感じられる地域です。

湯倉神社

湯倉神社

1453年頃、一人のきこりによって発見され、小さなほこらに薬師如来を安置したのが起源であり、今日の湯の川温泉の始まりとなっている。以来、湯の川温泉の鎮守として地域の人々に親しまれています。

ホームページはこちら

住所
函館市湯川町2-28-1
行き方
ホテルより徒歩で9分/車で5分(裏手に無料駐車場あり)
市電で湯の川温泉駅より終点 湯の川下車 徒歩2分
湯の川温泉足湯「湯巡り舞台

湯の川温泉足湯
「湯巡り舞台」

湯の川温泉電停そば、松倉川のほとりに、誰もが無料で楽しめる足湯があり、市民の交流の場所にもなっています。足を拭くタオルはご持参ください。

ホームページはこちら

住所
函館市湯川町2-28-1
行き方
ホテルより徒歩で1分
函館市熱帯植物園

函館市熱帯植物園

南国の珍しい熱帯植物やニホンザル・シマリス・鯉・セキセイインコ等の生き物もいます。12月から4月まで、温泉に入るサルの姿を見ることができます。

ホームページはこちら

住所
函館市湯川町3-1-15
行き方
ホテルより徒歩で11分/車で4分(無料駐車場あり)
湯の川温泉 花火大会

湯の川温泉 花火大会

秋風の気配を感じる旧盆(八月盆)明けに行われ、函館の納涼まつりとして親しまれています。
源泉などから採った湯を湯倉神社に奉納する「献湯式」が湯倉神社で行われます。

ホームページはこちら

香雪園

香雪園

北海道唯一の国指定名勝。旧岩船氏庭園。1898年頃から市内有数の豪商の別荘として造成された本格的な風景式庭園。書院風の園亭、渓流、レンガ造りの温室など多彩な庭園空間が広がります。特に紅葉が美しく、毎年、はこだてMOMI-Gフェスタが行われています。

ホームページはこちら

住所
函館市見晴町56
行き方
バスで湯の川温泉電停前より34系統18分香雪園下車 徒歩1分
車で8分(無料駐車場あり)
トラピスチヌ修道院

トラピスチヌ修道院

フランスのトラピスチヌ修道院から派遣された8名の修道女によって設立されました。お土産物 として売られている、マダレナ(ケーキ)やクッキーが有名です。

ホームページはこちら

住所
函館市上湯川町346
行き方
トラピスチヌシャトルバス(函館バス)で湯川温泉電停前より10分トラピスチヌ前下車 車で13分(周辺に有料駐車場あり)

函館駅・函館元町エリア

HAKODATE

エキゾチックな街並や、函館山からの夜景など定番スポットが点在する駅前・西部地区。函館駅までは花びしホテルから市電で約30分。電車は通常10分ごとに運行しているので湯の川を拠点にのんびり揺られながら観光するのも楽しいですよ。

函館駅・朝市

函館駅・朝市

JR函館駅周辺は飲食店やホテルが立ち並ぶ観光の拠点。函館朝市など市民も日常的に利用するお店も多く、かつての函館の繁栄を物語るエリアです。

ホームページはこちら

住所
函館市若松町9−19
行き方
市電で湯の川温泉駅より34分函館駅下車 徒歩4分
車で14分(周辺に有料駐車場あり)
元町教会群

元町教会群

開港都市ならではのハイカラな街並の中でも象徴的なのが教会の建築です。宗派の違う教会が近接しているのも趣があります。

ホームページはこちら

住所
函館市元町3−13
行き方
市電で湯の川温泉駅より乗車35分十字街下車 徒歩12分
車で20分(周辺に多少有料駐車場あり)
金森倉庫群

金森倉庫群

ベイエリアと呼ばれる函館湾岸にある赤レンガでできた倉庫群は、ショッピングやお食事ができる観光スポットです。海からの風も心地よく、湾岸クルージングを楽しむことも出来ます。

ホームページはこちら

住所
函館市末広町14番12号
行き方
市電で湯の川温泉駅より乗車35分十字街下車 徒歩6分
車で20分(周辺に多少有料駐車場あり)
立待岬

立待岬

函館山南端にあり、天気のいい日は津軽海峡を挟んで下北半島まで見渡せます。美しく咲く赤いハマナスや険しい岸壁の迫力など函館山の独特の自然を感じられる岬です。

ホームページはこちら

住所
函館市住吉町
行き方
市電で湯の川温泉駅より谷地頭行き乗車42分谷地頭下車 徒歩16分
車で20分(無料駐車場有)

※函館山夜景観光をご希望のお客様は事前予約が必要です。

五稜郭エリア

HAKODATE

湯の川からは電車で約15分。函館の都市部と言われる五稜郭地区ですが、特別史跡五稜郭公園など歴史の舞台となった場所が有名です。美術館などもあり歴史と芸術どちらも楽しむことが出来ますよ。

五稜郭タワー

五稜郭タワー

高さ107メートルの展望台からは津軽海峡まで見渡せるパノラマの絶景が。箱館戦争についても知ることが出来る、函館のランドマークです。

ホームページはこちら

住所
函館市五稜郭町43-9
行き方
・五稜郭タワーシャトルバス(函館バス)で湯川温泉電停前より16分
・五稜郭タワー前下車 徒歩5分
・市電で湯の川温泉駅より乗車14分五稜郭公園前下車 徒歩8分
・車で20分(美術館有料駐車場を利用)
箱館奉行所

箱館奉行所

2010年に140年の時を超えて復元された箱館奉行所。江戸時代に建てられた幕府の奉行所を忠実に復元しています。奉行所は五稜郭公園の中心にあり、春は見事な桜が咲き誇る、緑豊かな、憩いのスポットです。

ホームページはこちら

住所
函館市五稜郭町44-3
行き方
・五稜郭タワーシャトルバス(函館バス)で湯川温泉電停前より16分
・五稜郭タワー前下車 徒歩5分
・市電で湯の川温泉駅より乗車14分五稜郭公園前下車 徒歩8分
・車で20分(美術館有料駐車場を利用)
道立函館美術館

道立函館美術館

函館および道南地域における美術文化センターとして1986年9月に開館し、「道南の美術」「東洋美術と書」「文字記号に関わる現代美術」を中心とする近代以降のすぐれた作品を収集してきました。

ホームページはこちら

住所
函館市五稜郭町37-6
行き方
・五稜郭タワーシャトルバス(函館バス)で湯川温泉電停前より16分
・五稜郭タワー前下車 徒歩5分 
・市電で湯の川温泉駅より乗車14分五稜郭公園前下車 徒歩8分
・車で20分(美術館有料駐車場を利用)
千代台公園

千代台公園

戊辰戦争箱館戦争最後の先頭が行われた場所でえす。現在は、野球場(オーシャンスタジアム)・弓道場・陸上競技場・テニスコート・市民プールなどがあり、函館市民の憩い場となっています。

ホームページはこちら

住所
函館市千代台町22-26
行き方
市電で湯の川温泉駅より乗車18分千代台駅下車 徒歩5分
車で15分(有料駐車場あり)

※函館山夜景観光をご希望のお客様は事前予約が必要です。

その他のエリア

HAKODATE

函館市外には江戸時代の屋敷や、さらにさかのぼって縄文時代のロマンを感じさせる遺跡、国定公園や秘境などダイナミックな観光スポットが盛りだくさん。市内からちょっと足を伸ばして北海道ならではの雄大さを体感してみませんか?

大沼国定公園

大沼国定公園

秀峰駒ヶ岳の麓にある3つの湖に囲まれた公園です。ボート遊びや釣り、サイクリングなど自然と親しみながら遊べるレジャースポットです。周辺には牧場など北海道らしい風景が広がっています。

ホームページはこちら

住所
亀田郡七飯町大沼町1023-1
行き方
車で48分(有料駐車場あり)
大船遺跡

大船遺跡

縄文時代の遺跡がいくつも発掘されている南茅部は土偶の町として有名です。縄文文化交流センターには国宝にもなった中空土偶が展示されています。

ホームページはこちら

住所
函館市大船町575−1
行き方
車で45分(無料駐車場あり)
知内青の洞窟

知内青の洞窟

矢越海岸アドベンチャーズ~道南の秘境
青の洞窟を巡る絶景クルーズ。断崖絶壁や青い海が続く矢越海岸一帯を小型船でクルージングするツアーです。

ホームページはこちら

住所
上磯郡知内町字小谷石58
行き方
車で85分(無料駐車場あり)
松前城・松前藩屋敷

松前城・松前藩屋敷

道南の桜の名所。1854年に完成した松前福島城は日本最後の日本式城郭となります。1941年に国宝に指定されたましたが、飛び火により焼失。現在の天守閣は1961年に再建されたものです。
松前藩主9代松前高広が幼少の頃難病にかかった時に湯治をして全快したのが湯の川温泉で、お礼に薬師堂を再建し鰐口を奉納したのが湯の川温泉発祥と言われています。

ホームページはこちら

住所
松前郡松前町 松城144
行き方
車で2時間9分(季節により臨時駐車場あり)

花びしホテルのおすすめRecommended

スタッフがオススメする地元の食・遊びを堪能できる
スポットです。詳細は公式HPをご覧ください

函館で遊ぶ【レジャー】HANABISHI RECOMMENDED

  • 金森ベイクルーズ

  • 金森赤レンガ倉庫に挟まれた内堀から、桟橋をくぐり抜けて函館湾をクルージング。波しぶきを上げ、潮風をうけながら見る函館は格別です。思い出の1ページにいかがですか?

  • 住所:函館市豊川町11−5
    行き方:車で20分(有料駐車場あり)
  • ホームページはこちら
  • 道産子ファーム

  • 清々しい空気と草木の香り、やさしい木漏れ日の中をどさんこ馬でトレッキング。森を抜けると函館と津軽海峡の大パノラマが広がります。女性でも安心して乗馬を楽しめます。

  • 住所:函館市東山町180−14
    行き方:車で30分(有料駐車場あり)
  • ホームページはこちら
  • 第18金龍丸

  • 函館山の麓の「住吉漁港」を出航し、津軽海峡の大海原でイカ釣り体験をしませんか?釣ったイカはプロの板前さんが刺身にしてくれます。夏場が旬の函館名物です。

  • 住所:函館市青柳町39-8
    行き方:車で15分(無料駐車場あり)
  • ホームページはこちら
  • 谷観光農園

  • サクランボ狩りや野菜の収穫体験。旬の果物や野菜を収穫して、穫れたてを召し上がれます。トウモロコシや枝豆、 トマトなどこの時期おいしい野菜がたくさんあります。

  • 住所:北斗市向野144
    行き方:車で45分(無料駐車場あり)
  • ホームページはこちら
  • カール・レイモン

  • 観光客はもちろん地元民にも愛されているハム・ソーセージブランドです。こちらの工場を見学できます。工場直売所では通常販売価格よりも10%お安くお買い求めできますよ。

  • 住所:函館市豊川町11−5
    行き方:車で20分(有料駐車場あり)
  • ホームページはこちら
  • 函館牛乳 あいす118

  • 函館工場の工場敷地内にあるこちらでは仔牛哺乳体験やバター作り体験で楽しめます。新鮮な牛乳でつくったソフトクリームやチーズなどの乳製品も召し上がれます。

  • 住所:函館市東山町180−14
    車で30分(無料駐車場あり)
  • ホームページはこちら

函館を味わう【グルメ】HANABISHI RECOMMENDED

  • 北海道昆布館

  • 道南地域は日本有数の昆布産地です。昆布のことなら昆布館におまかせ!お菓子や調味料など昆布を原料としたオリジナル商品も多数。映画館・博物館・工場見学もできますよ。

  • 住所:亀田郡七飯町峠下32−1
    行き方:車で35分(無料駐車場あり)
  • ホームページはこちら
  • 函館朝市

  • 函館と言えば海の幸!駅前に位置する朝市では北海道のいくら、うに、カニなど新鮮なうちに味わいたいメニューがいっぱいです。 旬の素材が盛りだくさんの海鮮丼も魅力です。

  • 住所:函館市若松町9−19
    行き方:車で15分(有料駐車場あり)
  • ホームページはこちら
  • ラッキーピエロ

  • 地元でダントツの人気を誇るハンバーガーショップ。カレーライス、ピザなども豊富で多彩なメニューが売り。ソフトクリームもおすすめです。 各店舗の内装もユニークで楽しいですよ。

  • ホームページはこちら
  • 塩ラーメン

  • 函館でラーメンと言えば塩。古くから庶民に愛され続ける定番の味です。透き通るスープはあっさり系で、優しい味が特徴です。各店の塩ラーメンを食べ比べてみてはいかがですか?

  • ホームページはこちら

親子で楽しめるスポットHANABISHI RECOMMENDED

  • 函館明治館

  • 約30曲もある中からお好きな曲を選び、オルゴールを製作して頂けます。完成したオルゴールは世界でたった1つの貴方だけのオルゴールです。函館での思い出にいかがでしょうか。

  • 住所:函館市豊川町12−12
    行き方:車で20分(有料駐車場あり)
  • ホームページはこちら
  • 元町ガラス工房

  • 色とりどりのガラスを自分の好きなようにデザインして溶かして作品を作ります。自由にデザインできるので表情豊かな、個性的な作品を作ることができます。

  • 住所:函館市大町1−33
    行き方:車で20分(有料駐車場あり)
  • ホームページはこちら
  • 函館公園

  • 記念碑や史跡が点在する歴史ある公園です。 遊園地には現存する日本最古の観覧車があり動物園には数多くの野鳥やヒグマ、ポニーなどがいます。

  • 住所:函館市青柳町17-3
    行き方:車で15分(無料駐車場あり)
  • ホームページはこちら
  • 緑の島

  • 函館出身のGRAYが野外コンサートを開いた場所。函館湾に面した埋め立て地で、親子連れや釣り・ウォーキングを楽しむ市民でいつも賑わっています。

  • 住所:函館市大町15
    行き方:車で20分(無料駐車場あり)
  • ホームページはこちら

交通・アクセス手段

函館観光をもっと楽しんでいただくために、様々なサービスを行っている
企業や、サポート情報をご紹介します。

北都交通

  • 市内定期観光・自由な観光ができる循環バス、周辺観光バスや函館山夜景観光などバス観光はおまかせ。
  • TEL:0138-57-7555ホームページはこちら

北の星タクシー

  • 大型バスから小型タクシーまで、人数に合わせた観光をプロデュースします。
  • TEL:0138-31-8822ホームページはこちら

函館タクシー株式会社

  • 様々な観光コースを用意して、「はこだて検定」合格ドライバーがご案内します。コースの変更もご要望にお応えします。 運転代行も行っております。
  • 0120-05-0168ホームページはこちら

moomoo-taxi

  • 牛柄のタクシーで函館ではすっかりおなじみ。ドライバーが牛の着ぐるみでご案内するユニークなコースもあります。
  • TEL:0138-22-5566ホームページはこちら

函館バス株式会社

  • 函館市内の交通の要であるバス会社。ホームページでは時刻表・路線図・バス停の位置・料金表などが掲載されていますので目的地に合わせてどうぞ。
  • TEL:0138-51-3960ホームページはこちら

函館市電

  • 函館に訪れたら一度は乗りたい路面電車。市電に乗ればほとんどの観光スポットを回ることが出来ますのでのんびり巡りたい方にオススメです。
  • TEL:0138-52-1273ホームページはこちら
花びしホテルベストレート最低価格

PAGE TOP